松阪牛

「スギモトのこだわり“松阪牛”」

松阪牛
限られた牛にしか許されない、「松阪牛」の称号

三重県中南勢地域に位置する、雲出川と宮川に挟まれたエリアは、気候が温暖で豊かな自然の大地に恵まれています。松阪牛は、この地域で肥育されています。

全国から優秀な但馬系の血統の子牛だけを導入し、健康に育てます。松阪肉牛協会が運営する「松阪牛個体識別管理システム」に登録された黒毛和牛の未経産牛(お産をしていない雌牛)である事などが松阪牛の条件です。

雌牛は雄牛や去勢牛と比べて肉質がやわらかく、その脂の融点(脂の融ける温度)が低いのが特徴です。それは、手のひらの温度でしっとりととけ出すほどで、融けた脂はさらりとして、べたつきがありません。ですから、食べた時にしつこさが無く、お肉の味とからみあって、風味豊かで深みのある味が引き出されるのです。

牛 牛 牛
松阪牛
格付けを超えた「最高の松阪牛」を追求する契約牧場「竹内牧場」

スギモトの松阪牛の取り扱い量は、全国でもトップクラス。中でも、全国の有名百貨店などの「松阪牛精肉ギフト」の取り扱いは、高いシェアをいただいております。その大きな理由の1つが、三重県松阪でも歴史のある“牛づくり名人”「竹内牧場」と契約し、二人三脚の信頼関係で、おいしく安心な肉づくりを行っていること。

竹内牧場は、松阪牛の生産エリアでも特に良産地として名高い、櫛田川流域に位置しています。その恵まれた環境で、最上質の松阪牛を丹精こめて育てているのです。格付けはもちろんですが、一番大切なのは、お客様に食べていただいた時の美味しさ。「竹内牧場」では、“最高の松阪牛”を追求するべく、日々牛と呼吸を合わせ、一頭一頭と向きあいながら、愛情を込めて肥育を行っています。

飼育・飼料に細部までこだわり、竹内牧場で大切に育てられた松阪牛は、脂肪と赤身のバランスが特に優れ、見事な霜降りはまさに「牛肉の芸術品」と称されるほど。見た目の美しさも、そのおいしさを一層引き立てます。

松阪牛 竹内牧場の様子はこちらから
ブランド・商品TOPへ