黒毛和牛・国産牛

「生産者限定のこだわり“スギモト牛”」

黒毛和牛・国産牛
全国の産地から厳選された牛だけをご提供

全国の契約牧場で肥育され、生産者の顔の見える牛を、私たちは「スギモト牛」と呼んでいます。

スギモト牛は、ほとんどが生産者との相対取引(直接取引)によって買い付けられます。生産者は良い牛を作る為に、毎日、肥育方法や飼料などの工夫を重ねています。生産者の取り組み姿勢や“人となり”が、育てた牛にも現れるため、「良い牛を購入するには、牛を見るより生産者を見ろ」と言われるほどです。生産者とのコミュニケーションがスギモト牛の要です。


職人の技によって引き出される、素材のおいしさ

スギモト牛は、食肉一筋の職人が品質を厳しく吟味し、さらに最適な熟成をさせたものだけをご提供しています。

ロース肉の一番風味豊な部位で、「サー」の称号を冠するサーロインならステーキ用に。赤身とサシ(脂)のバランスが良い肩ロース肉は、すき焼、しゃぶしゃぶ用に。また、ジューシーなバラ肉は焼肉用に。このように、それぞれの料理に適した形へ、各部位をスライス・カットしてお届けしています。

昔から「美味しい肉を買いたいなら、肉屋を選べ」と言われています。牛1頭をまるまる買い付けする肉屋は、高級なすき焼肉から、お値打な切落し肉まで、同じ1頭の牛を加工しています。だから全ての肉が美味しいと言われているのです。

黒毛和牛の特徴

「国産牛」と表記されている牛は、ほとんどが交雑種や乳用牛です。「和牛」も国産牛に入るのですが、和牛は食用のために長年にわたり品種改良された牛。乳用牛とは品種が異なるため、肉の付き方、脂肪の降り方など品質が変わります。

日本全国にいる和牛(黒毛和牛、褐毛和牛、日本短角牛、無角和牛)の中で、飼育頭数の90%以上をも占めているのが黒毛和牛です。優れた系統をもつ但馬牛を元とし、一番体がよく締まり、肉質が良いと評価されています。

一番の特徴は、脂肪交雑が多いことです。「霜降り」とも呼ばれるこの独特の脂が、やわらかな肉質を作り出しているのです。

長崎県産 黒毛和牛・国産牛

長崎県の雲仙地区にスギモトの契約牧場があります。地元の牛作り名人の力をお借りして、年間数百頭の黒毛和牛の肥育をしております。牛の肥育と一言で言っても、国内では一般的に、子牛の繁殖業者と肥育業者に分業されます。牛の肥育業者は、繁殖業者より生後8〜9ヶ月の子牛を購入し、その後約20ヶ月育て、出荷します。この期間に掛かった費用は全て、先行投資です。子牛の購入代、毎日の餌代等・・・。しかし、牛の販売価格は、と畜をしなければ分かりません。実は昔、牛買いの人は「博労(ばくろ)」と呼ばれていましたが、「労が多く、博打のように、開けてみなければ分からない」というところが由来だそうです。

さて近年、肥育業者の後継者問題がクローズアップされています。先述のように、採算性を見ても非常に難しい仕事です。また、国内の子牛の価格も高騰しています。

そこでスギモトでは、オーストラリアで黒毛和牛の子牛を繁殖させて、生後8〜9ヶ月で日本に生体輸入し、長崎の契約牧場で約20ヶ月育てています。純粋な黒毛和牛の為、肉質は問題はありません。繁殖が日本国内ではない為、「和牛」の表記は出来ませんが、オーストラリア生まれ、長崎県育ちの国産牛として、安価に提供が可能となり、ご好評をいただいております。

愛知県産 尾張牛・知多和牛

尾張牛・知多和牛地元産の牛

当社が商標を持つ「尾張牛」は、愛知県の契約牧場で、飼料にこだわり、健康に育てた肉専用種です。黒毛和牛と比較するとリーズナブルな価格で、ご好評を頂戴しております。

愛知県はスギモトのお膝元。地産地消、フードマイレージを意識した地元産の牛にも力を入れています。 牛の肥育名人として有名で、自らステーキハウスを開業していたほどの生産者「小栗牧場」の牛も、スギモト牛のひとつです。

契約牧場下村畜産

当社の契約牧場のひとつ、愛知県知多市に牧場がある「下村畜産」では、有能な子牛をつくるための『取り組み』として、母牛の足に特殊な歩数計を装着し、その歩数計を装着した母牛に発情の兆候があれば携帯やPCに自動的にメールなどが送られようになっている『牛歩』という、365日24時間体制で母牛の発情の兆候を知らせてくれるITシステムを導入しています。

1頭の母牛は生涯に10〜12頭の子供を産みます。母牛は、一年一産を基本ベースとして繁殖活動を行っております。徹底的な健康管理で空胎期間を少なくさせ、生産率をあげる事によって、経済的損失を抑え、安定供給が可能となります。このシステムを導入したことにより、母牛の空胎期間が減少されました。

また、毎日できたての餌を食べさせ、2ヶ月に1回、全母牛の血液検査を行い、母牛の栄養状態(子牛がお腹の中で成長できる状態)を具体的に数値化し、科学的根拠をもって、徹底管理しているため、母牛飼養頭数が160頭と愛知県内ではNO.1の飼養頭数でありながら、平成26年度の子牛事故率は1.8%と極めて低い数値となっております。

ブランド・商品TOPへ