Loading...

スギモトの歴史

創業明治33年、スギモトの歴史

創業明治33年のスギモトの歴史を、かいつまんでご案内いたします。
詳しい沿革はこちらをご覧ください。

明治33年(1900年)

初代・杉本弥左衛門が名古屋市中区南園町(現在の名古屋市中区栄)に精肉店を創業

初代・杉本創業当初・スギモトは、民宿を兼ねたお肉屋さんでした。お肉を食べる文化は、明治に入ってから欧米より伝わり、普及していきましたが、創業当時、肉屋はまだまだ珍しい存在でした。 牛の運搬技術もないため、当時は飛騨の山奥より、1頭1頭人の手で連れて歩いてきたといいます。また食べるだけではなく、牛の脂なども、照明の燃料等に重宝されていたようです。

昭和22年(1947年)

「杉本産業株式会社」を設立

1軒のお肉屋としてスタートしたスギモトが、会社となり大きく成長したのは、戦後のことでした。戦時の食糧難により、「動物性たんぱく質」が不足していた日本人にとって、牛肉は何よりのご馳走でした。

昭和37年(1962年)

「杉本ミートチェン株式会社」を設立

スーパーの精肉小売部門出店を目指し、系列会社である「杉本ミートチェン株式会社」を設立しました。

昭和40年(1965年)

営業本部を新設

名古屋市昭和区緑町2-20に営業本部を新設。

直売店も併設しました。

昭和42年(1967年)

社名を「杉本食肉産業株式会社」に変更

昭和44年(1969年)

本店新築完成

名古屋市中区栄に本店が新築完成。1階を直売店、2階に「すき焼・しゃぶしゃぶ スギモト本店」がオープンしました。

昭和46年(1971年)

全国食品衛生施設優良表彰会社として農林大臣賞を受賞

昭和55年(1980年)

「愛知畜産加工協同組合(現:豊田工場)」創業

消費地型の加工工場として、操業を開始しました。

昭和57年(1982年)

3代目 代表取締役 杉本嘉範、黄綬褒章受賞

食肉業界への貢献に対して、表彰されました。

昭和60年(1985年)

神奈川県川崎営業所開設

関東地区の拠点となる、川崎営業所を開設しました。

愛知畜産加工協同組合(現:豊田工場)にハム工場新築

老舗の味と技を守った「本物の味」をテーマに、肉本来の旨みを十分に活かしたハムなどの商品作りを行う工場を新設しました。

平成3年(1991年)

愛知畜産加工協同組合 惣菜工場などを増設

セントラルキッチンとして惣菜設備の増強をしました。

「和牛」にこだわり続けるスギモト

日本には元来、「和牛」しかいませんでした。しかし戦後になると、安価で大量の肉を供給するために、ホルスタイン種や交雑種などのリーズナブルな牛肉が多く流通するようになったのです。また、平成3年には「牛肉の輸入自由化」が始まり、さらに様々な牛肉がスーパーなどに並ぶようになりました。

しかし、スギモトは創業以来「生産者の顔が見える、素性の明確な牛」にこだわり、「和牛ひとすじ」の小売を貫いてきました。肉のプロとして、本物を見極める目を磨き、品質の良いものをお値打ち価格でご提供する・・・この、昔からの姿勢を守り続けています。

平成9年(1997年)

焼肉 弥左衛門 豊栄店を開店

郊外型ファミリー焼き肉店として、豊田市にオープンしました。

3代目 代表取締役 杉本嘉範、勲五等双光旭日章受賞

畜産物流通業の振興功労により、勳五等双光旭日章を受賞しました。

平成11年(1999年)

松坂屋名古屋本店地下1階に、惣菜の店 プラビィアンスギモト(現ミートデリスギモト)」オープン

精肉店で販売している素材を使用したお惣菜店です。地元産の豚肉を使用したハムも評判を呼びました。

お客様からの信頼を受けて

2000年代初頭、BSE問題や産地偽造問題など、食品業界を揺るがす事件が起きました。国内における牛肉の消費量は、この時大きく下がったのです。

しかし、スギモトの小売店では違いました。今まで他店をご利用されていたお客様も、スギモトの小売店を訪れてお肉をご購入くださり、逆に売上がUPしたのです。それは、「お肉は信頼できる店で購入したい」という、お客様のスギモトへの信頼の表れだったのです。

平成12年(2000年)

ジェイアール名古屋タカシマヤにて小売店オープン

平成17年(2005年)

焼肉・ステーキ スギモト アスナル金山店オープン

駅前立地、ターミナル型の本格焼肉店です。

平成18年(2006年)

キッチンスギモト 松坂屋名古屋店 オープン

精肉小売店で販売する素材を使用した肉料理の専門店です。

平成19年(2007年)

「南部市場事業所」開設
名古屋中央卸売市場の南部市場内に併設された食肉加工場です。

ISO22000食品安全マネジメントシステム取得(ギフトセンター/業務卸部)

 

 

平成20年(2008年)

スギモト本店 改装オープン

平成21年(2009年)

プライバシーマーク取得

平成22年(2010年)

愛知県より「愛知ブランド企業」の認定を受ける

愛知県内の優れたものづくり企業として、「愛知ブランド企業」に認定されました。

愛知みかわ豚ポークハム モンドセレクション銀賞受賞

「スギモト 愛知みかわ豚ポークハム」が、ベルギーの団体が運営する、食品を中心とした製品の技術的水準を審査する「モンドセレクション」の2010年度“銀賞”を受賞しました。

株式会社キュルノンチュエ設立

岐阜県高山市清見のハム・ソーセージ工房「キュルノンチュエ」の事業譲渡を受け子会社化しました。

スギモト 東京ミッドタウン店オープン

都市型のイートイン併設の小売店舗です。

平成23年(2011年)

スギモト 大丸神戸店オープン

関西地区精肉小売店第1号。

平成24年(2012年)

お肉の専門店 スギモト本店
東京スカイツリータウン・ソラマチ店 オープン

平成25年(2013年)

愛知畜産加工協同組合の事業の一部を譲渡されました。

スギモト タカシマヤフードメゾン新横浜店・ピアゴ ラ フーズコア今池店・テラスウォーク一宮店オープン

キュルノンチュエ デリ スギモト 日本橋髙島屋地1階にオープン

平成26年(2014年)

タッキーフーズ株式会社がスギモトグループに。

スギモト ピアゴ ラ フーズコアアラタマ店・キッチンスギモト 東京スカイツリータウン・ソラマチ店オープン

上海梅杉 ユニーアピタ上海1号店オープン

平成27年(2015年)

がブリチキン。上海大丸店・大丸神戸店オープン

スギモト 大丸心斎橋店 精肉売場オープン

スギモト アピタ岩倉店オープン

平成28年(2016年)

スギモト トヨタ生活協同組合メグリア本店オープン
Old Manhattan 東武池袋店オープン
スギモト 大丸須磨店 精肉売場及びミートデリスギモトオープン
杉本ミートチェン アピタ戸塚店、アピタ金沢文庫店オープン
枚方T-SITE店オープン
焼肉スギモトHOUSeNオープン
お肉の専門店スギモト 高島屋京都店オープン

平成29年(2017年)

スギモト 松坂屋高槻店オープン
農業生産法人スギモトファーム設立
スギモト ラ フーズコア納屋橋店オープン
炭火焼肉スギモトオープン

ギフト加工センターをスギモトデリカファクトリー ギフト事業部(企画室特販及びギフト加工センター)として移転

平成30年(2018年)

スギモト 牛鍋店オープン
スギモト アピタ横浜綱島店オープン
スギモト ヨシヅヤ名古屋名西店オープン
タホマフジ中部国際空港店オープン
タイ王国 合弁会社J VALUE CO., LTD設立(バンコク日本生鮮卸売市場内スギモトオープン)
株式会社グローバルパートナーズ設立
スギモトミートタイランド設立(バンコクサイアム髙島屋内スギモトオープン)

令和元年(2019年)

スギモト 大丸心斎橋店オープン
スギモト 南町田グランベリーパーク店オープン
Wagyu to Worldwide Tokyoオープン

令和2年(2020年)

スギモト 大丸須磨店 精肉売場及びミートデリスギモト改装オープン
共創和や会(きょうそうなごやかい)設立及び参画
スギモト本店 リニューアルオープン

令和3年(2021年)

量販事業部が名古屋北営業所に移転
株式会社カミチクホールディングスと業務提携契約締結
がブリチキン(FC) アピタ上海
がブリチキン(FC) APIO上海店オープン

イオンモールNagoya Noritake Gardenに則武新町店オープン
東武百貨店 船橋店オープン

令和4年(2022年)

フードメゾン岡崎店オープン
T-FACE店オープン

  • 公式アプリ
  • 日本の社長
  • GLOBAL PARTNERS
  • Twitter
  • Instagram
  • スギモトトヨタ工場ブログ
  • トヨタ工場直売
  • おいしいお肉料理の作り方
  • お肉料理キッチンチャンネル
  • 共創 和や会
  • 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ パートナーシップのご案内
  • 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ パートナーシップのご案内